ずっと穏やかな気持でアルバイトが続いています

  • RF1(アールエフワン)サラダ・惣菜販売スタッフ

  • K.Hさん(主婦/20代)

プライベートの予定が組みやすいのも決め手に

夫の転勤で7年前から近隣に住んでいます。ロック・フィールドは買物で利用した際、店舗の雰囲気の良さを感じていました。アルバイトを決めたのは、休みの希望が月に2回出せるので、プライベートの予定が組みやすいことも大きな理由です。

現在、週4~5日、8時から夕方まで勤務します。接客、サラダ・惣菜を陳列用の大きなお皿に盛り付ける“皿盛り”、惣菜などのパック詰め、時にフライなどの揚げ作業もします。
サラダを盛るのも好きですが、接客はもっと好きです。お客様に「これはどういうサラダ?」「このサラダおいしいわよね」などと声をかけていただけるととてもうれしいですし、丁寧に「ありがとう」と言っていただけるだけでやりがいも感じられますね。

年齢に関係なく、言いたいことが言い合える仲間が

私の所属するタカシマヤフードメゾンおおたかの森店では、主婦、学生、フリーター、さまざまな人が年齢の垣根がなく、楽しく仕事をしています。言いたいことは言い合えますし、叱ってももらえる環境です。勤務外にも誰かの家に集まってご飯を食べることもあり、もちろん職場も和やかな雰囲気が。RF1(アールエフワン)のアルバイトは、いつも穏やかな気持でいられます。だから長く働けているのだと思います。
また、野菜の種類や旬、サラダとドレッシングの相性など、色々な知識を得られることにもRF1(アールエフワン)で働くメリットを感じています。

ライフスタイルが変化しても続けられる職場

ロック・フィールドに入って7年ですから、新人さんを指導するのも私の仕事の一つになっています。私の場合、よほど良くない点は注意しますが、あまり叱らずにその人の良いところを見るように心がけています。それにはひょっとすると、幼稚園教諭という前職の影響があるかもしれませんね。

プライベートではそろそろ子どもが欲しいという想いもあります。RF1(アールエフワン)には、子どもを産んで育児休暇を取った後アルバイト・パートに復帰する人もいますから、数年後には、私もそうなっているかもしれませんね。

子どもの頃に出会ったRF1が私の理想の接客

  • RF1(アールエフワン)サラダ・惣菜販売スタッフ

  • W.Aさん(フリーター/20代)

サービスの基本を大事にする会社でした

調理の学校を出てホテルの社員になり、厨房に勤務していました。自分の料理をお客様に食べていただくのは嬉しいことでしたが、もっと顔を見てお客様とコミュニケーションをしたい気持が高まり、接客業へ転職を決意しました。その際、想い出したのは小さな頃から母に手を引かれて行ったデパートのRF1(アールエフワン)です。店舗のお姉さんの素晴らしい接客が、子ども心に印象に残っていました。ロック・フィールドが笑顔や言葉遣いなど基本のサービスをどこより大事にしていることを一顧客として感じ、きっと働きやすい会社だろうと、求人に応募したんです。
入社すると思った通り、スタッフは優しい方ばかりで、職場の雰囲気も良好。だから緊張せずにノビノビとアルバイトができます。

頑張れば誰かが見てくれる、それが励みに

RF1(アールエフワン)でのアルバイトは、頑張れば必ず誰か見てくれています。サラダをご購入のお客様に「ご一緒に○○もいかがですか」とお惣菜などを提案する、プラスワンという接客がありますが、断られることも多く最初は言いづらいんです。ある時、調理師の知識を活かし、お客様の購入するサラダに合う惣菜を提案してみました。その日、「いい接客ができているね。プラスワンも良かったよ」と店長に言われて…。努力を認めてもらえたことがやる気につながり、どう言えばお客様に伝わりやすいか考えたり、先輩スタッフを観察したり、より積極的に臨むようになりました。

お客様に笑顔で惣菜をお持ち帰りいただきたい

RF1(アールエフワン)の接客は、生産者の方、工場の方、色んな方が働くなかで唯一、お客様と関わる仕事です。私たちがロック・フィールド全体の印象を左右するのですから、きちんとしないと皆さんの努力が水の泡になってしまう。だからお客様全員が、笑顔でお惣菜をお持ち帰りいただけるよう、自分の考える最高の接客を意識して、お出迎えからお見送りまでをしています。
これからもRF1(アールエフワン)で働く憧れの先輩たちに近づけるよう努力して、キャリアアップしたいですね。

社会に出る前にいい勉強ができます

  • RF1(アールエフワン)/ガストロノミサラダ・惣菜販売スタッフ

  • S.Kさん(大学生/20代)

出来ることを一生懸命やり、仕事のランクもアップ

初めてのアルバイトを百貨店で探す僕に、大学の友人が「向いている」と紹介してくれたのがRF1(アールエフワン)でした。女性スタッフが多くても、人当たりのいい僕ならうまくやっていけると、友人は考えたようです。
とはいえ最初は何をやるかを考える余裕もなく、いろいろ注意されながらあっという間にアルバイト時間が終わってしまって…。ですがこう見えても体育会系!鍛えられるのには慣れています。良くない点は改め、自分のできることを取捨選択しながら、1年後には仕事のランクがアップしていました。

その日、その時間に何を売るか、考えを巡らせる日々

2年目には、ガストロノミという料理コーナーも任されるようになりました。ローストビーフやシルキーポーク、ラザニアなど本格的な料理を扱っています。お客様の流れや入店状況、また商品の在庫など、多様な視点から状況を判断し、その日その時間にメインに売る商品を決めています。陳列場所を変えることで商品がお客様の目に留まりやすいようにしたり、商品がより美味しそうに見えるようにメイン素材のカット方法を工夫したり、どうすればもっと売れるか考え、店長に相談しながら行動します。売れれば嬉しいし、そうでなければ悔しい。でも任されるとやりがいがあり、承認欲求も満たされる気がします。

都合に合わせた働き方が可能です

店舗は忙しいので、手際よく作業をしないとお客様を逃します。おかげで自分の行動の効率化を学びました。接客以外にも色々な仕事ができるので仕事が新鮮ですね。
大学もゼミもあり、スキーの部活もやってますから、正直忙しいです。RF1(アールエフワン)が忙しい時季は、アルバイト帰りにそのまま山へ行くことも。
これからもRF1のアルバイトの良い見本になって、僕から何かを後輩が吸収してくれればとても嬉しいです。考えて動くロック・フィールドのアルバイトは、社会に出る前のいい勉強になりますよ。

楽しく働きながら地域に友達が増えました!

  • ロック・フィールド玉川ファクトリー製造スタッフ

  • K.Eさん(主婦/40代)

子育てや家事と両立しやすい勤務時間

同じマンションに住む友達が、玉川ファクトリーでアルバイトをしていたんです。仕事の内容、職場の良い点を聞いていたので、子育てが一段落したタイミングで求人に応募しました。17時までの勤務が多いなか、ロック・フィールド玉川ファクトリーは14時までの勤務枠があって、小学生の子どもがいる私には家事や子育てとの両立がしやすい環境です。
基本は週3日の勤務で、用事がある時は週に2日、多忙時は週に4日など、都合に合わせて働いています。
ファクトリーでの担当は、春巻やライスロールなどの“巻物”です。約300人の内、140人ほどが働く大きなエリアですね。計量しながら、春巻の皮やライスに具材を載せて巻いていきます。揚春巻なら1時間で250本程度です。

楽しく働く、それを第一に

気を遣うのはまず衛生面。そして巻く具材を間違えないこと。冷蔵庫から自分で選びますが、種類が多く、似た中身も沢山あるのでしっかり確認します。でも慣れれば難しい仕事ではないので、新人さんに教える時も楽しくやることを第一に考えます。
職場ではみんな仲が良く、社員さんも気軽に話せます。困ったことや要望などが伝えやすい環境なのも特長ですね。
ロック・フィールドに来て、友達が増えました。みんなでファクトリー内のレストランでランチをするのは楽しみです。サラダバー、本格的なメイン料理もあり、一食150円からなのもうれしいですね。

トラブルもチームワークの良さでクリア

クリスマス前と年末は最も忙しい時期です。通常9:00~14:00が7:00~20:00勤務もあります。学生や外国人の臨時のアルバイトさんを束ねるのが私の役目です。予期せぬトラブルもありました。午前中届くはずの食材が、夕方18時になって。パート・アルバイトの人の出勤を遅らせるなどでやりくりし、他のエリアのスタッフも手伝ってくれてなんとか間に合わせました。普段はわからないチームワークや一体感が感じられ、嬉しい時間でしたね。
これからも楽しく働いて、一つ一つの作業の精度を上げていければと思います。